XREAのWordPressのブログが繋らない

XREAにお世話に成っているブログの
WordPress で恩師の言葉などを書いているが、此の
「マルセル・モイーズが私に託したかった事」のページに
続出来ない。
MarsEditで作成し先月迄は順調に更新も出来ていたのだが?

Mac OSX10.6.8 & 10.7

MacOSX10.6.8 の使用頻度が段々減少傾向に有る。
LaTeXが使える「Emacs24」「SublimeText」で
コンパイルする環境が、何故か悪く成ったのが要因の
筆頭である。
以前使用出来ていた「MacVim」でのVimLaTeXも
同様にコンパイルミスが発生したので、中断。

OSX10.7.5 環境下では、上記のアプリ総て機能している。

「MacVim」はOSX10.6.8 OSX10.7.5双方共同じ
Kaoriyaバージョンを使用しているにも関わらず、
0SX10.7.5のみが通常LaTeXからPDF迄の変換を
実行してくれる。

但し、今こうして書いているホームページの文章は
OSX10.6.8の「RapidWeaver」を使って更新している。

Majestouch2 & SlimBladeTrackball

現在のMacOSX10.6.8とOSX10.7環境で
MacUIMのSKKを常用しているが、
腕の疲れなどが頻発していたので、
入力そのものの「キーボード」と「マウス」を
交換してみた所、以前に較べ、披露が格段の差で
起き無い事に吃驚している。

「キーボード」をMac純正から「Majestouch2」黒軸に、
「マウス」をMX-1100からKensingtonのトラックボール
SlimBladeTrackballにした。

キーボードのマッピングに苦労するか?と心配していたが、
殆ど何事も起こらずに、今こうして入力が出来ている。

当初「CapsLock」の指定をしないまま、
「PCKeyboardHack」で最初の項目の
「CapsLock」を「Ctrl」に変換する事のみ
指定していた。
その他のキーマップは「KeyRemap4MacBook」から
日本語入力の際の「日本語|英数」切替えの為のキーを
変更して対処した。

色々使っていると「Finale」の入力の際に
「CapsLock」を使う頻度が少く無い事に
気付き、「KeyRemap4MacBook」から
「WinKey」を「CapsLock」に割り当てる。

このことで、左「Ctrl」が二箇所そのまま使え、
「Emacs24」以外でのキーボードショートカットを
Keyboard Maestroに登録した分も含めて、楽になった。


Emacs24.2とSKK

OSX10.7を使い投稿しているが、日本語の入力をSKKで行っている。

理由は、ATOK2010の予測変換が、性にあわないからである。

MacUIMのSKKを使用しての、変換だが、未だなれてはいない。

唯、Emacsが使い易くなることだけを期待している。

OSX10.7でUlyssesIIIと言うアプリが気に入っているのだが、
OSX10.6.8環境では使え無いので、結局Emacs24のお世話に
なっている。

AquaSKKも使えるのだが、UlyssesIIIとの相性が悪く、一々
入力の為に切り替えをするのも面倒なので、MacUIMに統一
している次第。

最初に考えたより、ずっと単語の数も豊富だったので、
MacUIMのSKK使用には満足している。

久しぶりの更新

重複アプリを見つけて少しずつ身辺の整理整頓を進めている。
結局購入を決めたアプリは[The Duplicate Finder]と言う
名称でApple ストアから入手出来るもの。
以前はTwinsという名前が付いていた。
重複ファイルの整理の後は、Ulysses スリーという
お気に入りの物書き用アプリが、一新されUlysses III
というOSX10.7以降でないと動かない物に成ってしまった。
とにかく、書き込むだけで色々やってくれる。
といううたい文句であるのだが、footnoteを入力していたら
突然URLを指定出来る画面が現れ、開発元に問い合わせ中。
[ ]などの辞書登録している(かっこ)と言う文字を
入力するたびに、勝手にURL入力画面が登場。
現在ねUlysses スリーを使っての[かっこ]という
入力がATOK2010を使っていると全く出来ない。

OSX10.7 LIONをUlyssesを使いたいが為に
新規に導入したのだが?

OSX10.6.8が今の所心地の良い環境ではある。
何分、LaTeXも問題なく使えるし、前のバージョンの
Ulysses2やAdobeCS3も走ってくれている。

[かっこ]問題は、OSX10.7上での
他のアプリでは問題なく動作しているので
UlyssesIIIとの相性が悪いという事なのか?

いま此の文章は、[ことえり]に切り替えて
入力している。Ulysses IIIを、寸前まで使用していた
名残である。
日本語入力メソードの問題なのか?
はっきりさせる為、SKKタイプの入力方式も
試している。こちらはMacUIMで実施したのだが
何の問題も無くUlyssesIII が[かっこ]を受け付けてくれる。

重複ファイルの検索削除アプリ

MacProの身の回りを整理している。
パソコンだけではなく、本当の意味での
身辺整理を少しずつ実行している。

是までの、慎重な態度が災いして(?)
ファイルを色々なHDD等へバックアップ
保存してきたが、いよいよ其れを整理しようと
調べ上げてみると、重複している書類や、データの
多いこと、多いこと。

Spotlight検索で一々手作業を行って終わるような
バラツキではない。

インターネット検索で、重複するファイルを検索・
削除もしくは移動に該当するアプリを調べてみる。

宣伝が上手い会社(?)等で販売しているアプリは
色々な露出が有るが、本当に信用出来る?
その一つがGemini

書き込みでは、なかなかの評判なのだが、
辛口の批評が殆ど存在していないことに
引っかかる。
大体、優れているモノは、意見が2つに分かれるものだ。
今評価の基準としているのは、OSX10.6でも動作するモノ。

OSX10.7以降しか対象にしてくれないモノは、(?)の
扱いをしている。

最も、色々使えそうなアプリがOSX10.7以降を対象に
していることが有り、自分自身もやむなくOSX10.7の
LIONを購入したのだが。
Duplicate File Finderという分類に入るアプリの候補は

 Dupe Zap Plus OSX10.6.6~
Mac Cleance OSX10.6~
 
OSX10.7以降なら
 Twin mini
 Gemini
 Clear Dup
 The Duplication Finder
etc.等色々有るのだが、果たしてこれらの内の
どのアプリが最終選考に残るのやら?

重複ファイルを探す前に
Desktop Tidyというアプリを使用して、
先ず、拡張子別のフォルダー分けを実行
してから、重複の選別作業をするのも、
もう一つの悪くない方法か?
とも考えている。
今週は、此のアプリ選択で頭を悩ませられそうである。